ホームページ制作講座
レンタルサーバーとは

ホームページを作ろう!
と動き始めた時に出てくるのが 「レンタルサーバー」や「ドメイン」というワードです。
ホームページの公開には必ずこのレンタルサーバーとドメイン、2つの契約が必要です。

まずは「レンタルサーバー」についてのご説明をいたします。

そもそもサーバーって何

サーバーと言われるものは下記の2種類があります。

① 会社内などで複数のパソコンでデータを保管・共有する(ファイルサーバー)
② インターネットで複数のユーザーにアクセスされる(Webサーバー)

共通のポイントは、複数のパソコンからアクセス・閲覧ができることです。

今回は「②インターネットで複数のユーザーにアクセスされる」を前提としてざっくり説明いたします。

ホームページの公開に必要なのはWebサーバー

サーバーとはよく家に例えられることがあります。
Webサーバーとはホームページを構成するデータを保管する場所になります。

私たちが普段使っているパソコンもサーバーにする事は可能ですが、
スペック強化・技術・メンテナンス・セキュリティ対策などなどやらなければことがたくさんあります。

なので、大抵の場合は“レンタルサーバー”という家を契約して借ります。
さらにその中でも「専用サーバー」と「共用サーバー」がありますが、
大規模なものでなければ「共用サーバー」が一般的です。

名前の通り、専用サーバーは1台のサーバーを貸し切りで使用できます。
共用サーバーは1台のサーバーを共用で使用します。

レンタルサーバー会社の選び方

レンタルサーバー会社はさまざまありますが、
金額だけでは決めずメンテナンスやサポートを対応してくれる会社を選びましょう。
ホームページでも、トラブル対応のページや疑問・技術のサポートページの充実度も判断の参考になると思います。

お問い合わせはこちら